FC2ブログ

気をつけたい赤ちゃんの食べ物

おかげさまで、娘の離乳食ももう完全食っていうんですか?大人とほぼ同じものになってきました。

実際に離乳食をあげてる時に、ばぁに注意しなさいと言われたものを、思い出すまま書いてみます。


1.のどに詰まることが有名なもの

例えばお餅は、焼いてから、かなり小さく切ってあげました。

こんにゃくは?」と聞くと、「そんなもん食べさせようと思うか?」と逆に聞かれちゃいました。

普通あげないらしいです・・。


2.ぺろんと大きいもの

乾燥させた焼き海苔とかは、口の中やのどにくっついて危ないから、大きいままはダメ。

ほうれん草も、切り方が雑で「オエッ」となったことあります。


3.黄色(オレンジ色)のもの

みかんやにんじんを食べ過ぎると、手や顔が黄色に・・。

適度には食べた方がいいのですが、みかんなら一回に1-2房くらいに。
(まるごと1-2個じゃないですよ!)


4.果物

ばぁの母親が「赤ちゃんに枇杷(ビワ)を食べさせるな」と言っていたそうです。

梅雨の頃に旬を迎える果物暖かい地方でとれる果物は、食べすぎに注意。
体を冷やすからかな?

だけど、旬の果物を少しは食べさせた方がいいらしいです。
ややこし〜


5.粘りけのあるもの

里芋などは、初期ではなく、離乳食に慣れてきてから、少しずつ挑戦させます。

私は8ヶ月くらいからあげました。


6.固いもの・線維が多いもの

ゴボウやレンコンは噛めませんよね

「固いものほど小さく刻んであげる」が基本。

湯がいてから、すりおろしたりミキサーにかけるなど、調理法を工夫すれば食べてもいいそうです。

慣れたら時々大きめのをあげてみて、歯茎や歯で噛めそうならなるべく大きめをあげます。

「オエッ」となれば、指で口から出してあげます。


7.アクの強いもの

最近の野菜はアクがあまりないようですが、アク抜きが必要なものは、赤ちゃんも好んでは食べないようです。


8.乳製品

「昔の日本人は乳製品食べなかった。」とばぁ。

体に合わない子が多いらしく、あまりオススメしません。


あと有名なのは、ハチミツをあげちゃダメだとか。

ばぁは言いませんが、一般的に言われているのであげてません。

また、常識かもですが、ナマモノは、果物以外はあまりあげないです。

1才をすぎてから、時々生野菜をなめさせたりはしてます。


長くなっちゃいましたが、神経質にならず、

楽しく食べるのが一番大事


ばぁは、自分の食べ物、例えば漬物を娘になめさせたり、麺類をかじらせて、

「出しちゃった、まだムリか~」「お、噛めた!」まるで遊び。

大人が先に笑ってると、赤ちゃんも楽しそうです。


食べさせるのに必死で、なかなか笑えないんですけどね・・ここで一句。
最近川柳にはまってて、すんません。

「離乳食 こども食べずに ママ太る」 

残飯処理係な私です。ではまた、ごきげんよう~


あなたと赤ちゃんの育児生活が、ステキな時間でありますように!
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



赤ちゃんのおやつ

8ヶ月頃、離乳食で1日3食のリズムができてきました。

その頃の、ばぁからのアドバイス。

10時と15時の自分がおやつを食べる時に、赤ちゃんにも分けてあげなさい。」


ただ、娘は朝に食欲がなくて、朝ごはんが9時くらいになる時があるので、そういう時はとりあえず15時だけに。

(朝に食欲がないのは、たまり乳になっているからだとのこと。夜はどうしてもたまってしまう~)

朝早く食べられたら10時と15時にあげることにしました。


最初は、りんご果汁やバナナや焼き芋をつぶしたものを、2-3口。

おやつをあげた後には、お茶をあげます。慣れてきたら、量を増やします。


どれくらいの量あげればいいの?とばぁに聞くと、

もういらないと思ったら、食べなくなる


9ヶ月頃には、バナナを半分くらい食べちゃうこともありました。

それでも調子がよければ、母乳もしっかり飲んでくれます。


そして体調が良い時に、いろんなものに挑戦させます。

体調が悪い時は、食欲が落ちるので挑戦は避けます。


ばぁの離乳食の進め方は、
食べられるものは食べるし、食べないものはやめる。」

・・・??わ、わかりませぬ。


ばぁがどうしてるか観察すると、自分が食べる時に、梨、柿、スイカ、ぶどうなどを、ちょこっとちぎって与えます。

娘が口から出したら、もう一回くらい口に入れてみて、再度出すようなら、やめて、数日後にまた与えます。


食べ慣れてきたものは、大きくします。

例えば、薄めのくし型切りにした梨、りんごを持たせて、口につけてあげます。

この時は、のどにつまらないように注意して、まだ食べられなさそうなら小さくします。


歯がはえてきたら、せんべいなどを与えて、噛めるかどうか、のどにつまらないよう注意しながら様子をみます。


娘はまだ歯がなかった8ヶ月後半、梨やりんごを歯茎でシャキッと噛んでなめていました。

大きい塊や飲みこめない線維は、指で口から出してあげます。

上下に歯が生えてくると、せんべいをポリポリ。音がして面白いようです。


最近のイチオシは、ばぁがくれた、平たく切った乾燥餅、「生おかき」。

網にのせ、弱火でじっくり焼いて、焦げ目がついたらお醤油をたらして再びあぶると、なんとも香ばしい。

写真を撮ろうとしていると、フレームから何かがそーっと伸び・・・
201501111912310f8.jpg
わ!娘の手?!
止めるヒマもなく「ポリポリポリ・・・」。

私の分は置いといてね。おいしいけど、ただいまお餅注意報発令中。

おかきもお餅なので、先日落ちたお餅穴に再び落ちないように、食べすぎはダメよ~です。


あなたと赤ちゃんの母乳育児生活が、ステキな時間でありますように!
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

離乳食レシピ?追記-昆布のゆくえ-

数日前に書いた、離乳食レシピ?の記事を読み、

最初に入れた昆布は、途中でとりださなくていいの?」と思った方。


残念ながら、日本ずぼら協会への入会は認可されませんでした。

申し訳ございません。
またの挑戦をお待ちしております。


昆布はね・・・どうなると思います?

ふふふふふ・・・
・・・・・
・・・・
・・・
食べちゃうんですよ!


以前、煮物の昆布を残した私に、

ばぁ「昆布も食べれば?


そうか!少し小さめに(私は手でパキッと)切っておけば、

昆布はダシだけじゃない、立派な具なんです。


エグみとか、鈍感な私にはよくわかりません。

とにかく昼に食べる頃には、柔らかくなってますから。


トロトロになった時は、娘にも少しあげています。

もしかしたら、食べられないやつもあるのかな?

昆布の佃煮とかも売ってるし、いい栄養源だと思うんですけど。


食べちゃダメな理由が何かあるのかもしれないですが、今となっては食べない方が変な感じです。



以前行ってた会社にも、鍋の昆布を食べる派だという先輩がいました。

彼女が会社で一番、美しい色白お肌だったのは、生まれつきもだけど昆布効果もあったのではないかと、勝手に推察しております。


実は、私も去年までは食べてなかったんですけど、今年から改心して、新しいステージに入りました。

手抜き支部長として、ずぼら街道まっしぐらです。

あなたと赤ちゃんの母乳育児生活が、ステキな時間でありますように!
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

離乳食レシピ?

日本ずぼら協会 手抜き支部 支部長を自任する私。

実を申しますと、お粥以外に、「離乳食」なんてものを作ったことがございません。

なので、タイトルにも「?」をつけてしまいました。


まじめな方は、この先は、できれば読まないでいただけるとありがたく存じます。

世にはすばらしい「離乳食」のレシピを書いた本やブログがたくさんございますので、どうぞそちらをご覧くださいませ。

日本ずぼら協会に入会をご希望の方のみ、読み進めてください。


怠惰な私にばぁがくれたアドバイスは、

みそ汁の具を多めにして、それを離乳食にするといいよ。」


なるほど。でも、いちいち朝昼晩とみそ汁を作るのすらめんどくさい。

そうだ、私の唯一の得意料理、お鍋にしちゃお。

夜鍋禁止令は発令中だけど、夜でなければいいよね。

ということで、実行しているレシピ(といっていいのかわかんないけど)はこちら。


1.大きな鍋にたっぷりの水と昆布を入れる。
(覚えてたら前日の夜に入れとくと、良いだしがでるけど、忘れること多し。)

2.根菜っぽいものを切っていれる
(イモとか大根とかにんじんとか・・何種類入れてもOK)

3.中火にかける

4.魚をいれる
(7ヶ月くらいから。焼き魚などを作る余裕がある時は入れません。)

5.きのことか野菜をなんでも入れる。
(葉物はなるべく後に入れた方がいいかも。)

6.ひたすら煮込む。

7.赤ちゃんに、根菜をつぶし、魚をほぐし、葉っぱを刻んで、塩やしょうゆや味噌で少し味付けしてあげる。
(ここで赤ちゃん用に昼と夜の分も別の鍋に取り分けておく。10ヶ月くらいからはそれも省略。)

8.豚肉や鶏肉を入れる
(入れたり入れなかったり、きまぐれ。)

9.自分は、ポン酢とかゴマダレとか味噌とか塩ダレとかでお鍋として食べる。

10.昼食や夕食も、野菜を足して煮込むだけ。

※夜は白菜や肉は入れず、煮物っぽくする。


ばぁのアドバイスは、
かたい物ほど、細かく刻んであげると」

ちょっとこの組み合わせは、やっちゃったかいな・・・と思うような具になってしまった時は、とりあえずお味噌を入れると、なんとなく食べられます。

すごいです。お味噌のちから。


夏はトマトやナスやオクラやシシトウなんかをいれても、塩だけで結構おいしいです。

ラタトゥイユってこんな感じなのかな?ちゃんとしたの食べたことないけど。


野菜はなんでも色々入れるといいですが、私の経験では、かぼちゃは個性が強すぎて、ちょっと組み合わせを考えて使った方がいいかも。


レシピなんて言ったら、料理研究家さんに怒られそうな内容でごめんなさい。

大人のおかずは、プラス何品か作った方がいいと思います。
私は作ってませんけど・・・ばぁにばれたら怒られそう。

ばぁのお知り合いの方は、どうか内密にお願いします。



あなたと赤ちゃんの母乳育児生活が、ステキな時間でありますように!
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

離乳食のタイミング

3時間以内に授乳して、ごはん食べて、離乳食を食べさせて・・・

・・・もう、いつ何をすればいいの?!

時間に追われて訳がわからない!


ばぁ「6、9、12、15、18時に、自分も食事しながら赤ちゃんに離乳食をあげて、食べたすぐ後に授乳するといいよ。」


なるほど、時計の短針が90度動くと何か食べるというのはわかりやすい。

けど、朝6時にごはん??真っ暗ですよ?


ばぁ「冬はなかなかキビしいかもね。多少間隔をせまくしたりして、少しずつ帳尻あわせしたら。」



しかも、朝って離乳食をあんまり食べてくれない。

ばぁ「じゃあ、次の9時頃に離乳食をあげるとか。

赤ちゃんの様子を見ながら、適当にしなさい。



自分が食べながら離乳食をあげるのって、難しくない?千手観音じゃあるまいし。

「まぁ、がんばればできるようになるよ。はっはっは。」

・・・笑ってる場合じゃないんですけど。


最近になってようやく、娘が噛んでいる間に自分も食べることができるようになり、30分くらいで食事がすむようになりましたが、それまでは食事に1時間以上かかることも。

そんな時期は、タイミングなんて、ぐっちゃぐちゃ。

間に合わない!時間をすぎちゃった!キー!!ってなる私に、


赤ちゃんが食べたそうか、飲みたそうかをきちんと観察することの方が大切

体調悪いときは、離乳食なんて食べないし、無理に食べさせても、吐いたりして、ろくなことがない。」というばぁ。



そっか。こどもが元気で気分良くいられるために、食事や睡眠なんかをとるのに、食事で気分をしんどくさせたら、何やってるんだかわからないですね。


現在の私は、ばぁの言う理想の生活から約1-2時間遅れの生活。

ちょっと間隔をせまくしつつ、夕食が18時半くらいになるから、あら、すこし帳尻があっていないような・・・

ま、ニンゲンだもの。60点くらいで満点ってことで。



あなたと赤ちゃんの母乳育児生活が、ステキな時間でありますように!
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

attoko

Author:attoko
母乳育児に人生をかける、異端派の変な助産師ばぁを母に持つ私。娘を出産後、ばぁに勝手に弟子入りして、母乳育児を勉強中です。

フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR