FC2ブログ

母乳育児を成功させる3ヶ条 新生児期篇 その3

ああー、3か条なのに2個目止まりで1ヶ月以上放置してしまった!
ごめんなさい・・・言い訳しないで、サッサといきますよー

※最初にこちら→(記事を読まれる際のご注意!)をご確認の上、お読みくださいね。

出産直前、育児ど素人の私に、ばぁがくれたアドバイスはたった3つ。

おどろきの、3つめは・・・

「入院中にマッサージを受けない!」

(そんなこともうやってるよって方は、さわやかに読み飛ばしてくださいね。)

おーい、ばぁ!
乳房管理手技で開業してるあなたが、そんなこと言っちゃっていいの?!

驚く私に、ばぁから意味不明の質問。


「芽が生えたばかりの時に、まわりの土を混ぜたらどうなる?」
sprout.jpg



ん??ちっちゃい芽なら、すぐに抜けちゃう??

「下手なマッサージは、生えたばかりの芽の周りを、グチャグチャに混ぜるようなもの。」



特に、出産後すぐ〜3日目くらいの間に、おっぱいが膨らんで、揉んだり搾ってほしく感じる人が多いのですが、ここが分かれ道!


この時は、乳腺が拡張してるだけで、まだ母乳はあまり作られてないから、揉んだり搾ってもムダ、むしろ逆効果なんです。


ここを乗りきる、一番の方法は、

ひたすら何回も赤ちゃんにくわえてもらう。(またかー)

赤ちゃんが深くくわえて飲むと、おっぱいの奥がゆるんで、張り感も和らぎます。

いつもばぁが言う「赤ちゃんが一番の治療者」です。


もし痛みがある場合は、痛いところを優しく冷やします。

例えば、冷蔵庫(冷凍庫はダメ!!)で冷やしたキャベツの葉を直接当てたり、水で濡らしたタオルをビニール袋に入れて当てます。
cabbage.jpg

葉っぱの丸みが、絶妙のホールド感・・・今夜はロールキャベツ。


葉っぱが温まったら、冷えた葉っぱに交換します。

濡れタオルが温まったら、再び水で濡らして冷まして絞ります。


やってはいけないのは、
揉むことと、冷たすぎる物(アイスノンや氷)で冷やすこと!


初めて私が手技を受けたのも、出産してから5日目、退院後でした。

ゴッドハンドばぁでも、

「出産後、最初の手技は、今後の母乳育児生活を左右するから、いまだに緊張する。」

というくらい、慎重にするそうです。


入院中にとっても痛〜い乳房マッサージを受けて、せっかくふくらんだ腺を傷めたり、しぼませたりして、来られる方がたくさんいらっしゃいます。


痛みがあるから下手なのではなくて、何かポイントがあるみたいですが、私には鑑別できません・・・。

それに、とんでもないマッサージを受けても問題ない方もいるそうで、私のような虚弱体質の人に向けたアドバイスかもしれませんので、どうぞご参考程度に。


あなたと赤ちゃんの一度きりの母乳育児生活が、ステキな時間でありますように!


※この記事は、ただの変な助産師ばぁから聞いたお話です。
ご自分に合わないと感じられたら、遠慮なくスルーしてくださいね。


いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

attoko

Author:attoko
母乳育児に人生をかける、異端派の変な助産師ばぁを母に持つ私。娘を出産後、ばぁに勝手に弟子入りして、母乳育児を勉強中です。

フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR